Q「税理士と社会保険労務士ってどのような違いがあるの?」

「税理士と社会保険労務士ってどのような違いがあるの?」

みなさまは「税理士」と「社会保険労務士」の違いって知っていますか?

…よくわからない方も多いですよね。

特に会社を始めたばかりだと、色々チラシやパンフレットが届いて顧問をお願いしたほうがいいのかなとか考えるかと思います。

今回は「税理士」と「社会保険労務士」の違いがわからなくて、どちらにお願いすればわからないあなたのために、税理士と社会保険労務士の違いを説明していきます。

「税理士」と「社会保険労務士」の業務を理解していきましょう!

・「税理士」:なまえに「税」と名前がつく通り税金のスペシャリストです。

お付き合いは、毎月の領収書の記帳や確定申告をおこなってくれます。

 

・「社会保険労務士」:主に人を雇った場合の労働関係のスペシャリストです。

人を雇った場合に提出する必要のある書類などを作成せてくれます。

給与計算は「税理士」と「社会保険労務士」どっちにお願いできるの?

給与計算は「税理士」と「社会保険労務士」のどちらにもお願いできます。

 

給与計算は人を雇った場合の手続きなので、「社会保険労務士」がおこなうのかなと思うかもしれませんが、「税理士」もおこなってくれます。

 

「税理士」と「社会保険労務士」どちらにもお願いできるので、お願いするかどうかは会社の規模で選んでもよいかもしれません。

・10人以下など比較的規模が小さい場合には、顧問をお願いしている「税理士」にそのまま給与計算をお願いする場合が多いです。

10人以下であれば、給与計算も簡単なことが多いので、あたらしく「社会保険労務士」にお願いするよりも「税理士」にお願いしていいでしょう。

 

・10人以上の規模の場合、「社会保険労務士」に依頼を考えてもいいかもしれません。

 

10人を超えてくれば、従業員の働き方も一人ひとり違ってきて、残業代などの計算も複雑になってきます。

そのため、「税理士」とは別に「社会保険労務士」にお願いして、給与計算をお願いしてもよいころかと思います。

「まとめ」

「税理士」と「社会保険労務士」の違いを説明してきました。

従業員を雇った場合には、給与計算など事務的な手続きが増えることになります。

専門家を上手く使い分けながら、会社運営をしていきましょう。