飲食店の会計ソフトにはクラウド会計ソフトがおすすめな理由
タミナト税理士タミナト税理士

飲食店の会計ソフトにはクラウド会計ソフトが便利です。

なんでクラウド会計ソフトだと便利なの?クラウド会計ソフトって何?って方に説明しています。

こんな疑問に答えます。
  • クラウド会計ソフトが便利な理由
  • クラウド会計ソフトって何?
タイトルが入ります。
  • クラウド会計ソフトが便利な理由
    ①経理・確定申告にかかる業務が効率化
    ②飲食店向けのPOSレジなど、連携サービスが充実しているから
    ③低コストで導入できる
  • クラウド会計ソフトとは、自動でデータの取得から自動仕訳までやってくれるソフト

飲食店にクラウド会計が便利な理由

確定申告って1年に1回くる大変な作業ですよね…

書類集めるの疲れるし、数字がたくさん並んでよくわからないし、時間も取られるし…

そんな飲食店の経理・確定申告を楽にしてくれるのがクラウド会計ソフトなんです。

クラウド会計ソフトのメリットは3つ

クラウド会計ソフトがおすすめな理由は3つ。
  1. 自動連係で経理・確定申告にかかる業務が効率化
  2. 飲食店向けのPOSレジなど、連携サービスが充実しているから
  3. 低コストで導入できる

自動連係機能で飲食店の経理が自動化できるから

ラウド会計ソフトのキーワードは「自動化」です。

「自動化」が進めば、手作業でやっていた作業→パソコンが勝手にやってくれるようになります。

具体的にどんな業務を「自動化」してくれるの?って言うと

今までの作業。
  • 通帳を銀行で記帳して、通帳の内容を一行一行入力する
  • クレジットカードで払った領収書を一枚一枚入力する
クラウド会計ソフトでの業務。
  • 通帳の内容を自動で会計ソフトに取り込み
    →記帳作業がそもそも、必要なし
    →通帳の内容も学習機能で同じ内容は勝手に入力してくれる
  • クレジットカードで払った内容も自動で会計ソフトに取り込み
    →クレジットカードの支払い内容も学習機能で勝手に入力してくれる

上の通帳やクレジットカードの場合で説明したように、「クラウド会計ソフト」×「通帳・クレジットカード」を連携させれば、自動でデータを会計ソフトに取り込んでくれます。

しかも、クラウド会計ソフトは学習機能があって、ルールを覚えさえれば、覚えたルールに当てはまるときはルール通りに自動で入力してくれるんです。

だから、記帳も必要なし、入力も必要なしって取引がどんどん増えていって、結果として経理の時間が大幅に削減できます。

タミナト税理士タミナト税理士


普段税理士として色々なお客様の書類を入力していますが、契約年数が長くなればなるほど、ルールに該当する取引が多くなって、入力の手間が少なくなっているの実感しています。

飲食店向けのPOSレジなど、連携サービスが充実しているから

通帳やクレジットカードの連係機能が便利ってのは上で説明していますが、さらに飲食店のだと連携サービスが充実しているのでよりおすすめなんです。

例えば、飲食店だとPOSレジや給与計算なども自動化できるんです。

POSレジや給与計算の自動化。

POSレジの自動化→毎日の売上データが自動で会計ソフトに取り込まれる

給与計算連携の自動化→毎月の給与計算の結果が自動で会計ソフトに取り込まれる

POSレジや給与計算も自動化できれば、自分で入力が必要になるのは経費や仕入れの支払いになりますね。

この経費や仕入れの入力も、銀行振り込みやクレジットカードでの支払いにして、現金払いをなくしていけば自動化状態はかなり進んでいくことになります。

タミナト税理士タミナト税理士

私の税理士事務所自身での確認もfreeeを使っていますが、現金での支払いはなくしたおかげでほぼ毎月の入力は10分程度で終わっています。

クラウド会計は飲食店に低コストで導入できる

飲食店の普段関わっていて、一番気にするのがコスト面だなって感じています。

飲食店の人っていい意味でお金に対する目が厳しい方が多いですよね。

クラウド会計ソフトのコストの目安は株式会社や合同会社などの法人は月2,000円、個人事業主は1,000円前後で利用できます。

しかも、クラウド会計ソフトは無料で最新バージョンにアップデートしてくれるので月額で払っていれば、更新費用がかからないのもありがたいんです。

そもそも、クラウド会計って?

クラウド会計って?そもそも何って思いますよね。

簡単に言うと、

クラウド会計とは。

ソフトのインストールが不要

同じデータをスマホやパソコンから見れる(ブラウザ上にて見れる)

インストール不要な点と、色んな端末から見れる会計ソフトです。

なので、インターネット環境さえあればどこでも利用ができます。

飲食店の方だとネット環境持ってないかたも多いですが、スマホでも経理ができるのが便利なポイントです。

クラウド会計ソフトのメリット

メリット①インターネット環境があればどこでも利用できる

スマホやパソコンにインストールする必要ないのがクラウド会計のメリットです。

言い返せば、ネット環境さえあればどこでも利用ができるんです。

なので、自宅ではパソコンで経理をやる、店舗にいるときにはスマホでスキマ時間に経理をやるということもできちゃうんです。

メリット②データの自動取得・自動仕訳

クラウド会計がここまで広がった大きな理由がデータの自動取得・自動仕訳機能です。

銀行に並ばなくていいし、ルールに当てはまる取引は勝手に入力してくれるし、一番ありがたい機能です。

メリット③バージョンアップが不要

クラウド会計って勝手に最新バージョンにアップデートしてくれるんです。

税金の法律って毎年変わるんですが、その変化の度にいちいちソフト買い替えてると大変な金額になります。

自動でバージョンアップしてくれる点もクラウド会計のメリットですね。もちろん、無料でバージョンアップですよ。

クラウド会計ソフトのデメリット

デメリット①インターネット環境がないと何もできない

クラウド会計のメリットは自動でデータを取得してくれることでした。

けど、その自動取得機能はインターネットにつながっているからこその機能なんです。

だから、ネット環境がない状態だと使えないんですよね…

っていっても、スマホならネットにつながってるでしょうし、そこまで大きな問題ではないですよね。

デメリット②セキュリティ面の不安

クラウド会計のデメリットを伝える時にどこにでも書かれているのがセキュリティ面での不安です。

セキュリティ面で問題があると各社経営にひびくので、すごく安全面は重視していると思います。

…と言っても、不安な人は不安ですよね。

そもそも、クレジットカードを使ったり、ネットで取引をすること自体が不安って方はクラウド会計は向かないかもしれません。

私も絶対安心なんて言えませんし、不安とか心の問題がある状態で使うのは不健全ですしね。

飲食店向けクラウド会計で人気なのは?

クラウド会計の説明してきましたが、どこがおすすめなの?って思いますよね。

こちらでおすすめの会計ソフトのランキングにしてます。

【飲食店税理士がおすすめ】飲食店での会計ソフトの選び方

あと、個人的におすすめなのはfreeeです。

その理由とfreeeの特徴をまとめています。

【飲食店税理士監修】飲食店におすすめの会計ソフトfreeeとは?