飲食店開業時の消防署への届け出
タミナト税理士タミナト税理士

飲食店での届け出。今回は消防署への届け出について説明します。
飲食店では火を扱うことも多いので、消防署への届け出が必要になります。

こんな疑問に答えます。
  • 消防署への必要な届け出を知りたい。
経費になるかどうかのポイント
  • 収容人数が30人を超える場合は「防火管理者選任届」が必要。
  • 火を使う設備を使用して営業をする場合には「火を使用する設備等の設置届」の提出が必要
  • 「防火対象物使用開始届出書」の提出が必要

防火管理者選任届

飲食店開業するのに「防火管理者選任届出届」を提出する必要がある場合があります。

どんな場合かと言うと、お客様+従業員を含めて30人を超える収容の可能性がある場合には、消防署へ「防火・防災管理者選任届出書」の提出が必要です。

ポイントは、従業員の数も含めるということです。

また防火管理者が必要になった場合には、建物の延べ床面積によって防火管理者の種類が変わります。

300㎡未満…乙種防火管理者

300㎡以上…甲種防火管理者

だいたいの個人のお店なら300㎡未満ということになるかと思います。

火を使用する設備等の設置届

火を使う設備を使用して営業をする場合には「火を使用する設備等の設置届」の提出が必要になります。

飲食店であれば、だいたいのお店で火を扱うことになると思うので、必須の手続きに近いと思います。

申請の期間は、設備を設置する前までとなっています。

防火対象物使用開始届出書

飲食店を開業する時やお店の修繕、間仕切り変更等をする場合に必要となる書類です。

提出の期限は、実際に店舗を開業する7日前や修繕工事を始める7日前までとなっております。従業員へのまかないの場合

まとめ

飲食店では火を扱うので、防火の準備も必要です。

初めてのことだとは思いますが、消防署の方に聞きながらちゃんと手続きを進めてください。