【捨ててない?】飲食店開業前の領収書
タミナト税理士タミナト税理士

お店を開業する前にも、色々お金を使ってますよね?
お金を使った時の領収書って保管してますか?
お店に関係あるなら、あとあと経費にできますよ。

こんな疑問ありませんか?
  • 開業前にもらった領収書ってどうすればいいの?
  • 開業費って何?
記事の内容。
  • 日本政策金融公庫で申し込むときの「自己資金」として認めてもらえる
  • 開業費」として、開業後に節税につながる。

開業前の領収書も捨てちゃダメ!

飲食店をオープンする前って色々なお金の出費がありますよね。

オープンする後はちゃんと領収書をとっておくのはわかるかと思います。

しかし、オープンする前の領収書もちゃんと保管しておいてください

例えば、こんな領収書捨ててませんか?

  • 店舗を探すための現地までの交通費
  • 厨房機器などの領収書
  • 商品開発のための材料費

などなど、お店に関係ある領収書オープンした後に経費にできます

また、日本政策金融公庫で借入するときに自己資金として認めてもらえます

税金は少しでも少なくしたいですよね?

しっかり、領収書は保管しておいてください。

以下で詳しく見ていきます。

オープン前の領収書は自己資金として認めてもらえる。

自己資金ってオープンする時に気になる点です。

もしオープンする前お店のためにお金を使っていたらそれも自己資金として認めます。

例えば、気に入った不動産の仮押さえをするときに申込金を払った場合などです。

不動産関係なので金額も大きいですし、不動産会社から預り証書をもらって自己資金の一部としてアピールしましょう。

オープンしたあとには「開業費」として、いつでも経費にできる

オープン前に使った領収書でも、オープンしたあとに経費にできます

税金はもうけ(売上から経費を引いたもの)にかかるので、経費を多くすることは節税の基本です。

オープンする前の経費は「開業費」としてまとめられます。

しかも、「開業費」のいいところは経費にできる年を選べることです。

どういうことかというと、利益が多くて、税金の支払いが多そうって時に、「開業費」を経費扱いにして節税効果が得られるんです。

なので、オープン前の領収書でも必ず保管しておいてほしいんです。

まとめ

オープン前の領収書について書いていきました。

日本政策金融公庫での創業融資の時でも役立ちます。

オープンした後の節税効果にもなります。

必ず保管しておいてください。