【いくら必要?】飲食店開業に必要な自己資金
タミナト税理士タミナト税理士

飲食店を開業する時に一番気になるのはお金のことですよね。
融資受けたいって調べてみると、自己資金もいくらか必要って書いてありますよね。
じゃあいったいどれくらい必要なんでしょう」

こんな疑問に答えます。
  • 自己資金がいくら必要かを知りたい
  • なんで自己資金が必要なのか知りたい
  • 親から一時的に借りて、自己資金があるように見せたらダメかな?
記事の内容
  • 自己資金の目安は3と日本政策金融公庫の資料がある
  • 自己資金が必要なのは、お店を軌道に乗るまでに半年以上かかるから
  • 見せ金(親から一時的に借りて)はアウト、通帳を確認されます。

飲食店の自己資金は開業資金の3割必要

飲食店を開業するときの資金って1000万円を超えたりするケースも多いです。

この開業資金を自分のお金だけで用意するのは現実的には難いですよね。

なので、日本政策金融に融資の依頼する方が多いんですが、融資を依頼する時にも自己資金は必要です。

じゃあいくらくらい自己資金必要なんだろうって思いますよね。

日本政策金融公庫の「自己資金はどれくらいあればよいですか?」というQ&Aがあります。

そのQ&Aには、平均して3割くらいの自己資金を用意しているケースが多いと記載あります。

もちろん、飲食店以外の開業のケースも平均には含まれていますが、3割というのはある程度の目標になります。

自己資金はなんで必要なの?

飲食店の開業をすると最初は知人友人が来てくれて、開業2か月目くらいは順調なケースをよく見ます。

しかし、知人友人もいつまでも来てくれるわけではありません。

日本政策金融公庫の資料によると、約6割の企業が軌道に乗せるために半年超かかっていることを公表しています。

新たに飲食業を始めるみなさまへ創業の手引+

つまり、最初は売上が多少順調でもじわじわと売上が減り、資金繰りが大変になるんですね。

また、同じ日本政策金融公庫の資料で開業時に注意しておけばよかったと感じることの第1位が「自己資金が不足していた」でした。

26.8%(約4人に1人)が自己資金の不足に悩んでいます。

半年を過ぎると、融資の据え置き期間も終わって、元本の返済も始まるとますます資金繰りが厳しくなります。

立ち上げ当初は資金的に厳しい状況が続くので出来るだけ自己資金は用意していた方が良いです。

自己資金の注意点

ウソの自己資金、「見せ金」はダメ

開業したいけど、修行しながらお金を貯めるのは大変です。

大変だから、親からお金を一時的に借りて、借りたお金を自己資金のように見せる。

そして、融資がおりた後に、借りたお金返済すればいいじゃ?…って考えたりしてませんか?

こういう、自己資金のように見せるお金は「見せ金」といって、自己資金として認めてもらえません

融資の審査のときには、6か月間の通帳の写しを提出しないといけません。

急にお金が100万、200万振り込まれてたりすると、「見せ金」じゃないかなって警戒されます。

相手は何百人も融資の審査をしてきているので、ウソはすぐにばれます

もし、親から本当にお金を借りている場合には借用書を準備して、しっかり書面にまとめるのが大事です。

飲食店でたまにある手渡しの給料は毎月口座に入金しておくこと。

飲食店で働いているとたまに手渡しで給料を渡すお店もまだありますよね。

手渡しの給料の時に注意なのが、受け取った給料をタンス預金にして銀行に預けていないケースです。

どういうことかというと、タンス預金でちゃんと自己資金として貯めてたのに、銀行に入金していない。

そして融資の直前になって自己資金として入金する。

その場合、通帳の写しを提出したときに急にポンとお金が増えたりするので、融資の担当者が「見せ金」じゃないかって疑われるケースがあります。

もちろん、ちゃんとコツコツ貯めてきた自己資金なので認めてほしいのですが、融資の担当者は慎重なので急にお金が増えた理由は聞かれます。

余計な疑いをされないためにも、受け取った給料は毎月入金するようにしましょう。

まとめ

飲食店の開業する時の自己資金についてまとめてみました。

目標があると毎日の修行も頑張れますよね!

ぜひ開業資金の3割を目標に自己資金を貯めてみてください。