飲食店の給与支払事務所等の開設届出書
タミナト税理士タミナト税理士

こんにちは。
今回は従業員を始めて雇う時に提出する「給与支払事務所等の開設届出書」の書き方を説明します。

こんな疑問に答えます。
  • 「給与支払事務所等の開設届出書」の書き方を知りたい
  • 提出期限を知りたい
記事の内容はこちら!
  • 「給与支払事務所等の開設届出書」とは、従業員を初めて雇う時に税務署に提出する書類
  • 提出期限は従業員を雇ってから1か月以内に提出

「給与支払事務所等の開設届出書」とは従業員を初めて雇う時に税務署に提出する書類

飲食店だと従業員を雇いますよね。

従業員を雇って給料を払う時には、所得税を預かってあなたが従業員の代わりに所得税を納税する必要があります

この所得税の納付書を税務署から送ってもらえるようにするために、「給与支払事務所等の開設届出書」を税務署に提出します。

「給与支払事務所等の開設届出書」の記入例

給与支払事務所等の開設届出書のダウンロードはこちらから行えます。
給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書

また、提出するときは自分の納税地を管理する税務署に提出します。
自分の税務署の探し方はこちらから税務署の所在地などを知りたい方

税務署と提出日

宛先 宛先の税務署は、あなたの納税地を管理する税務署に提出します。

所轄税務署の所在地などを知りたい方はこちらから

提出日 提出日は税務署に提出する日を書くのですが、新しく開業するのであれば一緒に開業届も提出するのがおすすめです。

【飲食店の開業届出】税務署・消防署・保健所などへの必要な届け出

納税地、上記以外の住所、氏名、職業など

住所又は本店所在地 お店の住所を記入すれば大丈夫です。
氏名又は名称 お店の名前を書きましょう。
個人番号または法人番号 個人事業主ならマイナンバー
法人なら法人番号を書きます。
代表者氏名 あなたの名前をかきます。

日付

開設・移転・廃止年月日 開業届に書いた日付と一緒にします。
給与支払いを開始する年月日 初めて給料を支払う日付を記入します。

届け出の内容及び理由、給与支払事務所等について

届け出の内容及び理由 初めて給料を払う場合は、「開業又は法人の設立」にチェックをします。
氏名又は名称 お店の名前を書きます。
住所又は所在地 お店の住所を書きます。
責任者氏名 責任者の名前を書きます。

従業員の数

従業員数 給与を支払う従業員の人数を職種別に記入します。

個人事業主であれば、役員は0人になります。

その他参考事項 空欄で大丈夫です。

関与税理士

既に顧問契約している税理士がいる場合には、税理士の名前を記載します。

給与支払事務所等の開設届出書の提出期限

提出期限は従業員を雇ってから1か月以内に提出することになります。

個人事業主の開業届け出と同時に提出しておけば提出忘れがなくていいかもですね!