深夜における酒類提供飲食店営業開始届出書
タミナト税理士タミナト税理士

あなたが居酒屋を開業しようとしている場合は、書類の届け出が必要です。
今回は、「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出書」の説明をします。

こんな疑問に答えます。
  • 居酒屋を開業する場合に必要な書類を知りたい。
経費になるかどうかのポイント
  • 深夜0時以降に主にお酒を提供するお店は、「深夜酒類提供飲食店営業届」を提出する必要がある。

深夜酒類提供飲食店営業届とは

深夜酒類提供飲食店営業届とは、深夜にお酒を提供するお店をやる場合に必要になる届出です。

深夜酒類提供飲食店営業届とは
  • 深夜0時から午前6時までにお酒を提供するお店
  • 開店の10日前までに警察署に届け出
  • 主に酒類を提供する場合

    深夜というのは、深夜0時から午前6時までにお酒を提供する場合です。

    そして、届け出をするのは保健所ではなく、警察署です。

    また、居酒屋やバーなど主に酒類を提供する場合に必要になります。

    次で、届け出が必要ない場合も説明しますね。

    深夜酒類提供飲食店営業届が必要ない場合

    最初の説明で深夜0時以降に酒類を提供する場合には、届出が必要と説明しました。

    しかし、届出が必要ない場合もあります。

    それは主に食事を提供するお店の場合には、届出がいりません。

    例えば、ファミリーレストランなどです。

    なので、深夜酒類提供飲食店営業届が必要なのは居酒屋やバーなど主に酒類を提供する場合となります。

    届け出のときの注意点

    深夜に酒類を提供するためには、以下の項目をクリアしないといけません。

    ・客室の出入り口に鍵をかけることが構造にしないこと

    ・客室の見通しを邪魔するものを設置しないこと

    ・明るさが20ルクス以上であること

    ・客室床面積床面積が9.5㎡以上であること

    ・店舗の所在地が定められた地域であること(住宅専用の地域などでは禁止です。)

    提出する書類

    届け出には以下の書類を準備します。

    ・深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書
    (店舗の構造や設備について書く書類です。)

    ・営業の方法を記載した書類
    (営業時間や提供する食べ物について書く書類です。)

    ・営業所の平面図
    (店舗の平面図、求積図、求積表、店舗の設備の概要、照明、音響、防音などの位置説明の図です。)

    ・住民票の写し

    ・飲食店営業許可の写し

    まとめ

    深夜における酒類提供飲食店営業開始届出書について説明してきました。

    これから居酒屋やバーを開こうとしている方は確認してください。