【いくらかかる?】飲食店の開業費用一覧
タミナト税理士タミナト税理士

「飲食店を開業する時にいくらくらいお金がかかるのかって気になりますよね。
自己資金をいくら貯金するのかの目安にもなります。
今回は、飲食店でかかる開業資金を説明していきます。」

こんな疑問に答えます。

飲食店の開業資金にいくらかかるのか知りたい。

記事の内容

飲食店の開業には1000万円前後かかる!

①物件の取得費関連

内容 内容 費用
敷金(保証金) 家賃が払えなくなった時や退却時のテナントの修繕のためなど、予めオーナーに預けておくもの。
戻ってくるお金もある。
賃料の0~10か月分
出店する地域によって変化が大きい
礼金 テナントを借りる時に大家さんへの謝礼の意味のお金。
戻ってはこない。
賃料の0-2か月
仲介手数料 紹介してくれた不動産業者への手数料 賃料の1か月分
前家賃 1か月分の家賃を先に支払う。 賃料の1か月分
造作譲渡(ぞうさくじょうと)費用 居抜き物件の場合、前の物件の設備を使わせてもらう費用 物件による

②そのほかの費用

内容 内容 費用
内装工事費 店内の内装の工事費用 1坪当たり30~50万円
厨房設備費用 冷蔵庫やガス台などの厨房機器
諸経費 テーブルやイスなどの備品
運転資金 開業後の仕入や水光熱費など 6か月分確保したい

物件取得費が大きな割合をしめる

飲食店では立地が大事ってよく言われますし、どんな物件にしようかってとても気になりますよね。

この物件を借りる物件の取得費用ですが、開業資金で大きな割合になります。

敷金・保証金は賃料の0~10か月分

お家を借りる時って敷金って1か月分とか払いますよね。

飲食店を始めるときも同じように敷金がかかります。

また、保証金という名前だったりする場合もありますが、敷金と同じ意味です。

この敷金ですが、賃料の10か月くらい都内だとかかったりします。

逆に地方だと、敷金なしっていうところもあったりします。

不動産なので、どうしても地方によってまちまちという答えになってしまいます。

今の時代だとネットで物件の情報はいくらでも乗っているので、あなたの開業したい地域の物件の相場をぜひ調べてみてください。

礼金は賃料の0~2か月分

礼金も家を借りるときに聞くことばですよね。

大家さんへの貸してくれてありがとうっていう費用です。

だいたい0~2か月となっています。

礼金も物件の情報サイトに書いてあるので、チェックしてみてください。

不動産屋への仲介手数料は家賃の1か月

物件を紹介してくれた不動産屋への仲介手数料も支払わないといけません。

通常は家賃の1か月となっています。

前家賃は家賃の1か月

家賃の支払いは先払いが原則です。

なので、1か月分の家賃を先払いすると考えておきましょう。

居抜き物件の場合の造作譲渡(ぞうさくじょうと)費用

居抜き物件って聞いたことありますか?

居抜き物件というのは、前の飲食店の設備をそのまま使わせてもらう物件です。

居抜き物件だと、厨房設備とかがそのまま使えるので、初期費用が安く済みます。

とはいっても、居抜き物件を渡してもらうのにもお金がかかります。

それが、居抜き物件の造作譲渡費用です。

内装工事費

飲食店の内装工事費用は、坪単価で話をすることが多いです。

1坪当たり、30万円とか、もう少しお金をかければ50万円とかすると言われます。

当初の目安としては、坪単価40万円で計算してみてはどうでしょうか。

当初の予算を決めてしまい、その予算で工事をしてくれる業者さんを探しましょう。

厨房設備費用

冷蔵庫やガス台など厨房機器にかかってくる費用です。

あなたも修業時代にこんな厨房機器のキッチンで調理したいなって夢がありますよね。

厨房機器はこだわりたいポイントだとは思います。

しかし、資金的な制限はどうしてもあるので、中古の機器を買うなど限られた予算の中で、検討してみてください。

開業諸経費

一つひとつは金額は少ない費用ですが、種類が多いのです。

【備品】 テーブルやイス、ワインセラーやレジ・パソコンなど

【厨房機器】 包丁・まな板・ボール・レードルなど

【消耗品】 メニューブック、ユニフォーム、オーダー伝票

【広告費】 グルメサイト掲載料、ホームページ作成費用

運転資金

運転資金とは、毎日のお店の営業にかかる仕入れ代金、水光熱費、人件費、家賃などです。

あなたはお店が軌道に乗るまでにどれくらいを想定していますか?

6割の企業が軌道に乗るまでに、半年以上かかっていると日本政策金融公庫の資料で説明されています。

詳しくは下記の記事を見てほしいのですが、
【いくら必要?】飲食店開業に必要な自己資金

軌道に乗る前にお店がつぶれてしまうのは悲しいですよね。

立ち上げ当初は資金的に厳しいので、運転資金は6か月分は確保するようにしてください。

まとめ

飲食店の開業費用をまとめてきました。

飲食店の開業には多くのお金がかかるので、計画的に自己資金を貯めていってください。