【自家用車は経費になる?】飲食店で車が経費になるかの基準
タミナト税理士タミナト税理士

飲食店で少し手持ちが残るとそろそろ車でも買いたいなって思いませんか?
日ごろ長時間頑張っているので、ぜひ好きなことにお金を使ってほしいのですが、車が経費になるのかどうかってわかりにくいので、説明します。

こんな疑問に答えます。
  • 車の購入費用が経費に落ちるのか知りたい
  • 経費になるかどうかの基準を知りたい
経費になるかどうかのポイント
  • お店の仕事に関連がないと経費にならない。
  • プライベートでも仕事でも両方で使っているなら、経費を分けて(按分)計上する。
  • 車の本体費用は数年に分けて減価償却する。

お店を開業して、軌道に乗ってくるとそろそろ車でも買いたいなって思いませんか?

車も飲食店で経費にすることはできます。

ただ無条件に経費にできるわけではありません。

今回は車の経費計上を説明していきます。

車を経費にするときの注意点

車をお店の業務に使っていることが必要

経費に計上できるかの注意点は車をお店の業務に使っているかどうかです。

例えば、市場に仕入れをするために車を使っているなどです。

もし、お店のために使っていないのに経費計上を許したらどうなるでしょうか?

経費計上をした分だけ、利益が少なくなって、その分税金が安くなりますよね。

サラリーマンは税金を安くすることができないのに、個人事業主だけプライベートの車を経費に計上することは許されません。

だから、車をお店の業務に使っているかが重要になるんです。

車の購入金額を1年で経費計上にはできない

減価償却って聞いたことありますか?

減価償却は何年にも渡って使う資産(例えば、車や厨房機器)を、その資産を使う年数で経費に計上する方法です。

詳しくは以下の記事を見てほしいのですが、
【なんで必要なの?】飲食店での減価償却費と耐用年数一覧

大事なことは車を買ったからって、車の購入代金の全部をすぐに経費にできるわけではないということです。

お店にもプライベートにも使っている場合は分けて(按分)計上する

車を経費に計上するにはお店に使っていることが必要です。

しかし、お店のためにも使ったりもすれば、プライベートで使ったりもしますよね。

そのようにお店にもプライベートにもどちらにも使っている場合には、お店に使った分だけを経費に計上します。

車を経費計上したときの分ける(按分)比率の決め方

上の文章で、お店とプライベート両方で車を使っている場合には、お店の分だけ経費に計上するとお伝えしました。

けど、その比率ってどうやって決めればいいの?ってなりますよね。

按分の考え方

お店のために使った分ですから、お店のために走った走行距離とプライベートで使った走行距離を確認して、お店の分だけ経費に計上するのが理想です。

しかし、お店のために走行距離なんていちいち記録大変ですし、証明も大変ですよね。

他には、お店の営業日数で決める方法も考えられます。

多くの飲食店は休日は週1日が多いでしょう。
そして、営業日はほとんどお店につきっきりです。

なので、6/7を経費に計上する方法なども考えられます。

按分方法に正解はない

経費の分け方の方法の例をあげてみましたが、これが正解ってわけでもありません。

大事なのは税務調査があったときに客観的に説明できるかです。

あなたなりのお店にあった方法で経費計上考えてみてください。

車本体以外の経費計上

今までは車本体の経費計上を見てきましたが、車関連の経費計上の考え方も見ていきましょう。

  • 車関連の経費
  • ガソリン代
  • 車検費用
  • 修理費

上のような車の関連費も、基本的には本体の経費計上とルールは一緒です。

お店のために使った経費比率を計算して、お店の分だけ経費に計上します。

まとめ

車を経費にできるかどうかを見てきました。

経費にできるかどうかって気になりますよね。

経費にできるかどうかの判断基準をぜひ理解しといてください。