【見本付き】飲食店の青色事業専従者給与に関する届出書の書き方
タミナト税理士タミナト税理士

こんにちは。
調理師免許保有の飲食店税理士のタミナトです。
今回は提出しないと税金で損するかもしれない「青色事業専従者給与に関する届出書」の書き方を説明します。

こんな疑問に答えます。
  • 青色事業専従者給与に関する届出書の書き方を知りたい
  • 提出期限を知りたい
  • カンタンに書く方法を知りたい
記事の内容はこちら!
  • 提出期限はその年の315日まで
    開業したばかりや途中から家族に給与を払うなら、その日から2か月
  • 青色事業専従者給与に関する届出書を書くなら開業freeeを使うのがカンタンでおすすめ!

青色事業専従者給与とは

飲食店だとご家族でお店をきりもりしていることも多いです。

この家族への給料って、届け出を事前に届け出をしていないと経費にならず、税金を損します

家族への給料を経費にする青色事業専従者給与に関する説明はこちら
【青色事業専従者給与】メリット・手続き・金額の目安は?

今回は忘れずに出しておきたい「青色事業専従者給与に関する届出書」の書き方を説明していきます。

青色事業専従者給与に関する届出書の記入例

青色事業専従者給与に関する届出書のダウンロードは[手続名]青色事業専従者給与に関する届出手続から行えます。
青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書(PDF/717KB)

また、提出するときは自分の納税地を管理する税務署に提出します。
自分の税務署の探し方はこちらから税務署の所在地などを知りたい方

税務署と提出日

宛先 宛先の税務署は、あなたの納税地を管理する税務署に提出します。

所轄税務署の所在地などを知りたい方はこちらから

提出日 提出日は税務署に提出する日を書くのですが、新しく開業するのであれば一緒に開業届も提出するのがおすすめです。

【飲食店の開業届出】税務署・消防署・保健所などへの必要な届け出

納税地、上記以外の住所、氏名、職業など

納税地 納税地はあなたのご自宅の住所でも、お店の住所でもどちらでもかまいません。
上記以外の住所 納税地が自宅→上記以外の住所にはお店の住所
納税地がお店→上記以外の住所には自宅の住所
氏名・生年月日 氏名と生年月日を記入し、ハンコを忘れずに
職業 飲食店は「飲食業」です。
屋号 お店の名前を記入します。

日付

日付 家族に給料を支払い始める年月を記入して、「定めた」に〇をします。

青色事業専従者給与に関する届出書の1

専従者の氏名 専従者の氏名を記入します。
続柄 あなたから見て給料を払う家族がどんな関係にあるかを記入します。
たとえば、奥さんが専従者ならば「妻」と書き入れます。
年齢 専従者の年齢を記入します。
経験年数 あなたのお店で働いた期間と他の飲食店で働いた期間があればその期間を記入します。
仕事の内容・
従事の程度
仕事の内容は「接客」や「事務」などやっていることを記入します。
資格等 「調理師免許」などお店に関係する資格を持っている場合は、その資格名を記入します。
給料 支給期は「毎月25日ごろ」などと記入。
金額は毎月の支払金額を記入します。
なお、ここに記入した以上の金額を支払う場合は「青色事業専従者給与に関する変更届出書」を提出する必要があります。
金額は余裕をもって書いておくといいですね。
賞与 ボーナスを払う場合には、毎年6月などと記入します。
金額は「××円」などといった支給金額を書きます。
ここに記入した以上の金額を支払う場合も「青色事業専従者給与に関する変更届出書」を提出する必要があります。
余裕をもって書いておくといいですね。
昇給の基準 「使用人の昇給基準と同じ」と記入すればいいでしょう。

青色事業専従者給与に関する届出書の2.3

その他参考事項 お子さんを専従者にしながら、大学生などである場合は「○○大学夜間部」などと書いてください。
変更理由 変更するために届け出をする場合に、その理由を具体的に書きます。

青色事業専従者給与に関する届出書の4

家族以外にアルバイトなどを雇っている場合は、従業員のうち専従者と同じレベルの仕事をする人や、給与の水準を示す代表的な金額を記入します。

書く理由は、同じ接客をしているのに家族だけにやたら多い給料を払って経費を水増ししていないかをチェックするためです。

関与税理士

既に顧問契約している税理士がいる場合には、税理士の名前を記載します。

【注意!】青色事業専従者給与に関する届出書の提出期限

青色事業専従者給与に関する届出書はいつでも出せるわけではありません。

期限がありますので、注意してください。

1月16日以降に開業した場合、年の途中から家族に給料を払う場合

開業または事業専従者が働き始めた日から2ヵ月以内に提出が必要です。

前年より前から開業していた場合

給料を経費にする年の3月15日」までに提出する必要があります。

例)
2020年の確定申告を青色申告にしたい場合(つまり、2021年3月15日が期限になる確定申告)
2020年の3月15日までに青色申告承認申請書を提出する必要があります。

確定申告の期限直前になって、申請書出していないことを気づいても間に合いませんので気をつけてください。

まとめ

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方を見てきました。

書き方自体はカンタンで、問題になるとしたら会計ソフトを使わなくて帳簿をちゃんと作成できない場面だと思います。

飲食店の申告は会計ソフトを使えばカンタンですので、ぜひつかってみてください。
飲食店におすすめな会計ソフトはこちらから