【どうやったら損しない?】飲食店の消費税の計算方法と得する免除方法について

飲食店オーナー飲食店オーナー

飲食店を開業したんですけど、お客様から受け取った消費税ってどうすればいいんですか?


タミナト税理士タミナト税理士

お客様から預った消費税は納める義務があるんですよ。 今回は、消費税の計算方法いつから納める必要があるかなどを説明していきますね。

こんな疑問に答えます。
  • 消費税の計算方法を知りたい
  • 消費税を少なくする方法を知りたい
  • 消費税の免税期間を長くしたい
記事の内容はこちら!
  • 消費税は2年前の売上が1,000万円を超えるかどうかで納税義務がかわる
  • 消費税の計算は「お客さんから受け取った消費税」-「業者に支払った消費税」=「納税する消費税」
  • 計算方法は簡易課税がオススメ
  • 消費税の免税期間を長くするには、3年目から法人にする

消費税は飲食店にとって負担が重い!

タミナト税理士タミナト税理士

飲食店の経営者は消費税について、よく理解していないといけないんです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

なんでですか?ただ計算するだけじゃないんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

理由は消費税の納税について理解していないと、資金繰りがショートする恐れがあり、最悪閉店も考えないといけないからです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

閉店?税金だから赤字なら払わなくてもいいとかないんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

他の「所得税」や「法人税」と違って、残念ながら消費税赤字でも払う必要があるんです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

もうかってないのに納税しないといけないんですね・・・

タミナト税理士タミナト税理士

しかも、2,000万円の売上のお店でも70万円近くの納付があるので、金額も大きいんです・・・

飲食店オーナー飲食店オーナー

個人のお店でそんな金額とても払えないですよ・・・

タミナト税理士タミナト税理士

ですよね。だから計画的な資金の用意と消費税の理解が大事なんです。

消費税を納税するかどうかのルール

タミナト税理士タミナト税理士

消費税を納付するかどうかには基準があります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

基準ということはどんな飲食店でも消費税の納付が必要なわけではないんですね?

タミナト税理士タミナト税理士

はい。 消費税の納付の基本ルールは2年前の課税売上で判断するんです。

消費税は開業してから2年間は納めなくてよい

タミナト税理士タミナト税理士

消費税を納税するかどうかの基準は2年前の課税売上1000万円を超えるかどうかです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

2年前?例えば、開業したばかりで2年前が存在しない場合はどうするんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

いい疑問ですね。 開業したばかりの時は消費税を納付する必要がありません。 なぜなら、開業した時は2年前の課税売上がそもそも存在しないからです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

ということは、3年目までは消費税の納付は必要ないってことですね。

タミナト税理士タミナト税理士

そうなんです。 逆に言うと、消費税の納付が始まる3年目から急に資金繰りが厳しくなったりもします。

毎年判断し直すので、また消費税が免除されることもある。

飲食店オーナー飲食店オーナー

1度消費税を納めることになったら、その先ずっと払うことになるんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

いえ、2年前の課税売上が1,000万円を超えるかどうかなので、一度1,000万円より下回ればまた消費税は免除されるんですよ。

消費税が免除されない例外ケースもあるけど、個人の飲食店ならそこまで気にしなくていい

タミナト税理士タミナト税理士

基本的なルールは2年前の売上が1,000万円をこえるかどうかです。 しかし、実は例外のルールがあります

飲食店オーナー飲食店オーナー

やっぱり、そういう複雑なルールがあるんですね?

タミナト税理士タミナト税理士

複雑なルールがあるんです・・・ といっても、普通に個人の飲食店をやっていたら当てはまることはないので、気にしなくていいです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

そうなんですか?けど、一応知っておきたいです。

タミナト税理士タミナト税理士

一応紹介しますと、 特定期間の売上と支払った給料が両方が1000万円を超えた場合です。

(特定期間とは・・・ 個人の方は前年の11日から630日まで 法人の方は前期の上半期6か月分)
飲食店オーナー飲食店オーナー

給料を1000万円も払うってなかなかないことなので、そこまで気にしなくてよさそうですね

選び方で変わってしまう消費税の計算方法

タミナト税理士タミナト税理士

ここからは消費税の計算方法を説明します。 計算式まで考えたくない方は、簡易課税を選んでおけばいいです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

数字は苦手なので、カンタンな方法があるのは助かります。

タミナト税理士タミナト税理士

消費税の計算方法は、2つの計算方法があります。

消費税の計算方法。
  • 一般課税方式
  • 簡易課税方式
タミナト税理士タミナト税理士

このどちらかを選ぶかで、多少計算方法が変わってしまいます。

    消費税の計算の基本

    タミナト税理士タミナト税理士

    消費税の計算は、「お客さんから受けとった消費税」-「業者に支払った消費税」=「納める消費税」となっています。

    消費税の計算方法。

    納付する消費税 =「お客さんから受けとった消費税」ー「業者に支払った消費税」

    タミナト税理士タミナト税理士

    そして、一般課税方式簡易課税方式違い「業者に支払った消費税」の計算方法が違うんです。

     
    飲食店オーナー飲食店オーナー

    業者に支払った消費税のところをいかに計算するかなんですね。

     一般課税方式

    タミナト税理士タミナト税理士

    一般課税方式は、「業者に支払った消費税」をマジメに計算する方法のイメージです。

    飲食店オーナー飲食店オーナー

    マジメに計算する方法・・・手間が多そうですね