飲食店経営での年収

飲食店オーナー飲食店オーナー

飲食店を経営するとやっぱり年収がいくらになるかって気になります。


タミナト税理士タミナト税理士

自分のお店を持ちたいって夢ももちろん、お金を稼ぎたくて独立する方もいますもんね。

こんな疑問に答えます。
  • 飲食店経営者の平均年収を知りたい
記事の内容はこちら。
  • 飲食店経営者の平均年収は627万円
  • 飲食店従業員の平均年収は345万円
  • 1000万円を目指すなら、ある程度の初期投資が必要

飲食店経営者の平均年収は627万円

飲食店オーナー飲食店オーナー

飲食店経営者の平均年収っていくらくらいなんですか?


タミナト税理士タミナト税理士

日経レストランONLINEの調べによると、平均年収は627万円みたいですよ。

飲食店オーナー飲食店オーナー

600万ちょっとですか…


タミナト税理士タミナト税理士

月に換算すると、月50万ですから、不自由ない生活はできますよね。

ちなみに、飲食店従業員の平均年収は345万円(約月30万円ほど)

タミナト税理士タミナト税理士

従業員の平均年収はDODAによると345万円(約月30万円)みたいです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

そう考えると、やっぱり飲食店の経営者の方が全然儲かるんですね。

タミナト税理士タミナト税理士

飲食店の経営者は借金のリスクや赤字のリスクも負ってますし、従業員より年収が高いのは当然ですよね。

どのくらいの売上があれば、目標年収を達成できる?

まずは飲食店の収支構造の理解。
飲食店オーナーの年収は人件費の一部+利益が給料になる!

タミナト税理士タミナト税理士

飲食店の収支構造は、以下のようになっています。

赤字のお店もあるので、利益が5%を達成するのが目標だと思います。

タミナト税理士タミナト税理士

5%ってどれくらい?っていいますと、月の売上が200万円のお店の場合

  • 材料費は70万円 (原価率35%)
  • 人件費は60万円  (人件費率30%)
  • 家賃20万円 (対売上比率 10%
  • 水光熱費10万円 (対売上比率 5%
  • その他30万円 (対売上比率 15%
  • 利益 10万円 5%

(ケース例で好調の場合)売上が200万円だと、年収は480万くらい。

飲食店オーナー飲食店オーナー

この事例で好調の場合だと、30万円(給料の中のオーナー分)+10万円(利益)の40万円が月の給料になるんですね。


一般的な従業員の給料30万円分をオーナー自身で働いたと仮定する)

タミナト税理士タミナト税理士

はい。
月の給料が40万円なので、40万円×12カ月=480万円の年収になりますね。

もちろん、実際の経営はこんなにぴったりと予算通りに当てはまるわけではないです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

実際に人件費を30%にするのには、ちゃんとした管理が必要ですもんね。

年収を高くするには、経営効率を上げる必要がある。

経営効率を上げた場合の数値

タミナト税理士タミナト税理士

年収を上げるには、効率的な経営が必要になります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

効率的な経営って具体的にどういうことでしょうか?

タミナト税理士タミナト税理士

さきほどの収支構造はあくまでも目安です。

例えば、材料費、人件費、水道光熱費、諸雑費を切り詰めて、5%削減すれば、利益率は10%に跳ね上がります。

タイトルが入ります。

経営努力でそれぞれのコストを下げて、合計で5%の利益を改善する。

  • 材料費35%(70万円)→33%(66万円)
  • 人件費30%(60万円)→29%(58万円)
  • 水光熱費5%(10万円)→4%(8万円)
  • その他経費15%(30万円)→14%(28万円)
飲食店オーナー飲食店オーナー

5%切り詰めれば、30万円(給料の中のオーナー分)+20万円(利益)の50万円がお給料になりますね!

タミナト税理士タミナト税理士

はい、月の給料が50万円なので、50万円×12カ月=600万円の年収になりますね。

コストを切り詰めるのは大変ですが、自分にそのまま返ってくるものなので、頑張りがいがありますよね。

年収1000万円を目指すなら、ある程度の初期投資と経営効率の良さが必要

飲食店オーナー飲食店オーナー

夢の年収1,000万円を目指すなら、さっきの事例だといくらの売上が必要になりますか?

タミナト税理士タミナト税理士

さっきの事例だと、350万円が必要な計算になります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

売上200万円のお店を350万って無茶ぶりじゃないですか?…

タミナト税理士タミナト税理士

実際は、席数が限らている以上、売上200万円のお店を売上350万円にするって不可能な話ですよね。

タミナト税理士タミナト税理士

もし年収を1,000万円を越したいってかんがえたなら、多店舗展開をしたり、大きな箱の店舗に移転するなど、初期投資額を大きくする必要があります。

規模的には家賃50万円、利益率10%のお店の場合ならほぼ1000万円を達成できる

タミナト税理士タミナト税理士

年収1,000万円を目指す経営者なら優秀な経営者なはずなので、利益率は10%で計算しますね。そして、家賃は月50万円の大きな店舗を想定します。

計算前提。

売上500万円、家賃50万円の大型店、利益率10%、
オーナーも店舗で働き30万円分の給料を想定

80万円×12カ月=960万円

 

飲食店オーナー飲食店オーナー

家賃50万円、利益率10%ならなんとか、1000万円に近くなりますね。

タミナト税理士タミナト税理士

やっぱり、年収1,000万円って魅力的なワードですし、なんとか目指したいですよね。