【飲食店を開業したら必要?】飲食店と税理士の顧問契約

飲食店オーナー飲食店オーナー

飲食店を開業したんですけど、税理士にお願いしたほうがいいですか?


タミナト税理士タミナト税理士

税理士が何をしてくれるかって実はよくわからなかったりしますよね。
今回は、税理士の顧問契約の内容と顧問契約するメリットをお伝えしますね。

こんな疑問に答えます。
  • 飲食店で税理士と顧問契約する必要があるか知りたい
  • 税理士の顧問契約の内容を知りたい
記事の内容はこちら。
税理士の顧問契約の内容は3つ
  1. 決算や確定申告の代行
  2. 記帳の代行
  3. 税金の相談業務

飲食店が税理士と顧問契約するメリットはこちら

  1. 節税の対策ができる
  2. 税務調査にも安心
  3. 決算書と確定申告書の信頼度が上がる
  4. メンドウな経理から解放される

税理士の顧問契約の内容は3つある

飲食店オーナー飲食店オーナー

税理士っていったい何をしてくれるんですか?

税金とか全然わかならいので、まるごとお願いしたいんです…


タミナト税理士タミナト税理士

税金って難しいですもんね。

まずは、税理士の業務を理解するところから始めていきましょう。

税理士の業務は①決算や確定申告の代行、②記帳の代行、③相談業務に主にわかれます。

税理士の顧問契約の内容。
  1. 決算や確定申告の代行
  2. 記帳の代行
  3. 相談業務

税理士の業務その①決算や確定申告の代行

タミナト税理士タミナト税理士

決算の申告とは、個人事業主の方なら2月~3月の確定申告のこと。

株式会社や合同会社などの法人の方なら、1年間の最後に行う決算のことです

飲食店オーナー飲食店オーナー

1年に1回しかないイベントばかりなんですね

タミナト税理士タミナト税理士

税金の計算をおこなう場面なので、顧問契約の中でも一番のメインの仕事になります。

税理士の業務その②記帳の代行

タミナト税理士タミナト税理士

記帳の代行とは、毎日の帳簿付けを代行してくれることです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

帳簿付けはサボるとあっという間に領収書がたまっちゃうんですよね。

タミナト税理士タミナト税理士

後回しになりがちですよね笑
記帳の代行は、メンドウな帳簿付けを助けてくれますよ。

税理士の業務その③相談業務

タミナト税理士タミナト税理士

相談業務とは日々発生する税金のお悩みを相談できます。

また、税理士によっては経営の相談まで乗ってくれますよ

飲食店オーナー飲食店オーナー

飲食店の経営者は一人で色々考えないといけないので、経営のアドバイスまでしてくれるのは嬉しいですね。

気になる税理士に依頼する費用は?

タミナト税理士タミナト税理士

以上が税理士の業務になります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

費用はどのような関係になってますか?

タミナト税理士タミナト税理士

一般的に①決算の申告だけの依頼が一番安いです。

そして、②記帳の代行や③相談業務までサービスをお願いするとそれに応じて、料金も上がっていきます。

タミナト税理士タミナト税理士

そして、世の中的には③の相談業務まで行うのが「顧問契約」と呼ぶことが多いようです。

知っておきたい。税理士と顧問契約をするメリット

税理士のメリット①「節税対策ができる」

タミナト税理士タミナト税理士

税金の支払いを出来るだけ少なくしたいないですか?

飲食店オーナー飲食店オーナー

もちろん、税金は払いたくないです。

タミナト税理士タミナト税理士

少なくしたいですよね。
そんなあなたには、顧問契約をおすすめします。

タミナト税理士タミナト税理士

例えば、税理士に決算の申告だけお願いする場合は、すでに1年間が終わった後になります。

そうなると税理士としても1年間が終わってしまった後なので、節税策を教えようにしても、税金を減らす手段が少なくなります。」

飲食店オーナー飲食店オーナー

確定申告の時だけ頼むと節税が難しいんですね

タミナト税理士タミナト税理士

その点、顧問契約なら税理士は1年間ずっと会社のことを見てくれています。

なので、こうすればもっと節税できますよと事前にアドバイスをもらえます。

税理士のメリット②「税務調査にも安心できる」

飲食店オーナー飲食店オーナー

税務調査っていつ来るんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

税務調査ってやっぱり不安ですよね。

顧問契約をしている場合は税務調査の連絡は、いきなり会社に来ません。

一度、税務署から顧問税理士に連絡がいくようになっています。

飲食店オーナー飲食店オーナー

急に税務署から電話なんか来たら慌てちゃいますよ。

タミナト税理士タミナト税理士

税務署って怖いイメージありますし、慌てますよね。

そして、実際の税務調査にも税理士が味方になって立ち会ってくれますよ。

飲食店オーナー飲食店オーナー

税務調査の時だけ、税理士にお願いすることはできないんですか?。

タミナト税理士タミナト税理士

一応、税務調査の時だけピンチヒッターで税理士に依頼することもできます。

しかし、日々お店を見てくれている税理士とピンチヒッターの税理士…

どちらが会社を理解し、守ってくれるかは言うまでもないですね。

税理士のメリット③「信用度が高まる」

タミナト税理士タミナト税理士

飲食店を経営していて、民間銀行からお金を借りていますか?

飲食店オーナー飲食店オーナー

設備投資をするために借りましたよ。

タミナト税理士タミナト税理士

借りているとすれば、銀行から月ごとの成績表を見せてほしいと言われたりしませんか?

飲食店オーナー飲食店オーナー

はい、成績表をみたいって言われたことあります。

タミナト税理士タミナト税理士

この成績表を自分で作っていますというのは、それはそれで素晴らしいです。

しかし、銀行としては数値は合っているかなど不安に思うことが多いみたいです。

タミナト税理士タミナト税理士

その点、しっかり税理士が作成してくれた成績表なら銀行も安心して融資に前向きになれるかと思います。

税理士のメリット④「経理業務から解放されて、経営に集中できる」

タミナト税理士タミナト税理士

個人的には経営に週できるってのが一番のメリットだと考えてます。

飲食店オーナー飲食店オーナー

そうなんですか?理由を教えてください。

タミナト税理士タミナト税理士

正直、経理ってメンドウじゃないですか?

面倒だと思うのは、経理をやっても売上につながらないって考えがあるのかなと思います。

飲食店オーナー飲食店オーナー

はい、経理やっても売上増えないんですもん。

タミナト税理士タミナト税理士

私もまったく同じ考えです。
経理も大事ですが、経理はお金を生みませんよね。

経営者は経営のことを一番に考えて、売上を上げるのが最優先です。

面倒な経理は税理士に任せて、経営に集中するできることが最大のメリットだと思います。