【無料エクセル付】飲食店の損益計算書(PL)の解説
こんな疑問ありませんか?
  • 飲食店の会計ソフトってどうやって選んだらいいの?
  • 飲食店におすすめの会計ソフトは何?

自分で確定申告をしようと思っても、飲食店にあった会計ソフトってどんな選び方をすればいいかわからないですよね。

飲食店にあった会計ソフトを選ぶにはポイントがあります。

お伝えするポイントを兼ね備えてる会計ソフトを使えば、楽に確定申告ができますよ。

飲食店税理士タミナト飲食店税理士タミナト

土日は義理の実家の飲食店を手伝いながら、平日は飲食店税理士として事務所経営しています。

飲食店専門経理をしてきたからこそわかる飲食店の経理のポイントを説明しますね。

飲食店での会計ソフトを選ぶポイントはこちら!
  1. スマホで使えるか?
  2. 経理の知識がなくても使えるか?
  3. POSレジと連携できるか?
  4. 確定申告を簡単にできるか?
  5. 価格が安いか?
タミナト税理士タミナト税理士

結論からいうと、飲食店におすすめなのは会計freeeです。

会計freeeは何と言っても、確定申告が○×に答えるだけの簡単さ簿記の知識がなくても経理ができるという面が飲食店向きです。

会計freee

経理の知識が全くないなら、freeeが合ってます!

スマホ対応経理の知識POSレジとの連動
レシートを読み取れば入力可能簿記の知識なくても大丈夫Airレジ等と連動可能
確定申告価格プラン
項目に〇×で答えるだけ定額払いで常に最新版を使用個人は1,980円のプラン

飲食店の会計ソフトに必要な5つのポイント

①スマホで使える会計ソフトか?

タミナト税理士タミナト税理士

修行してたときってパソコンとか触ってましたか?


飲食店オーナー飲食店オーナー

いえ、正直パソコンは苦手で・・・

そもそもお店にインターネットが使える環境もないです・・・


タミナト税理士タミナト税理士

ネット環境がないお店もありますもんね。

そんな飲食店のオーナーさんには、使い慣れているスマホで経理をできることが大事です。


飲食店オーナー飲食店オーナー

スマホで経理ができるんですか?


タミナト税理士タミナト税理士

スマホで経理できるんですよ。

スマホであれば、インターネット環境なくても大丈夫ですし、普段から触っているので操作に迷うことも少ないですよね。

タミナト税理士タミナト税理士

しかも、せっかくの休みの日に経理をやるなんてごめんだと思います。

飲食店オーナー飲食店オーナー

はい、休みの日に仕事なんてしたくないです。

タミナト税理士タミナト税理士

ですよね。なので、経理に時間を取られないってのも大事なポイントなんです。

さすがにピーク過ぎた時間の5分くらいならちょこっと経理できませんか?

飲食店オーナー飲食店オーナー

ピークを過ぎたあとなら少しは時間取れますよ。

タミナト税理士タミナト税理士

忙しい飲食店にはスキマ時間でもスマホで経理ができる会計ソフトを選ぶべきなんです。

ポイント①

操作を使い慣れてて、ネット環境もいらない、スマホで経理できるソフトを選ぶ。

②経理の知識がなくても使える会計ソフトか?

タミナト税理士タミナト税理士

経理って、細かいルールがたくさんあります。

なので、お店をやりながら経理の勉強するのはおすすめしません

飲食店オーナー飲食店オーナー

忙しいですし、数字ってアレルギーあるので、簿記の勉強とかしたくないです・・・


タミナト税理士タミナト税理士

簿記の知識がない人向けの会計ソフトもあるんです。

迷いがちな勘定科目も提案してくれたりするので、初心者でも迷いなく使えるかが大事です。

ポイント②。

経理の知識がなくても使える会計ソフトを選ぶ。

③POSレジと連携できる会計ソフトか?

タミナト税理士タミナト税理士

たまに飲食店行くと、ipadとかを使ってお会計をしている飲食店見ませんか?


飲食店オーナー飲食店オーナー

Airレジとかってやつですよね?

タミナト税理士タミナト税理士

AirレジもPOSレジの一つですね!

最近は初期投資がかかるレジではなくて、POSレジというタブレットを使ったレジが増えているんです。


飲食店オーナー飲食店オーナー

そのPOSレジと連携できるってなんで大事なんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

会計ソフトの中には、POSレジと相性がいいレジがあるんです。


飲食店オーナー飲食店オーナー

相性がいい?

タミナト税理士タミナト税理士

例えば、POSレジのデータが勝手に会計ソフトに連動して、自動で経理処理をしてくれるんです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

自動でやってくれるなんてラクチンですね!

タミナト税理士タミナト税理士

売上を入力する時には8%の売上と10%の売上を区別して入力する必要があるのです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

いちいち8%と10%でわけるんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

はい、8%と10%の売上を分けて入力しないといけないんです。

ですが、POSレジを連携していれば、勝手に8%の売上と10%の売上を間違いなく入力してくれますし、ミスも少なくなるし、「時短」にもなりますよ!

ポイント③。

レジと連動してくれて、入力の手間をなくしてくれる会計ソフトを選ぶ。

④確定申告を簡単にできる会計ソフトか?

タミナト税理士タミナト税理士

確定申告って難しいんです。

だからみんな税理士とかに頼んだりしていますが、できたら費用は少なくしたいですよね?


飲食店オーナー飲食店オーナー

はい、お金があるなら税理士さんに頼んでもいいんですが、そこまで余裕なくて・・・


タミナト税理士タミナト税理士

一人で確定申告をするなら、できるだけ簡単に確定申告ができる会計ソフトを選びましょう。

悩む時間が少なければ、確定申告のストレスも減りますよ。

ポイント④

経理の目的は確定申告。
専門用語が少なくて、簡単に確定申告ができる会計ソフトを選ぶ。

⑤お店の負担にならない会計ソフトか?

飲食店オーナー飲食店オーナー

一番気になるのはコストなんですよね・・・

タミナト税理士タミナト税理士

安い会計ソフトを選びたいって思いますよね。

飲食店オーナー飲食店オーナー

一回買い切りのソフトと、毎月支払いのソフトだとどっちがおすすめですか?

タミナト税理士タミナト税理士

税金のルールって毎年変わっているんですよね。

そのたびに買い替えるってなるとコストが高くなりがちです。

なので、毎月の料金を払うだけで常に最新版を安く利用できる会計ソフトを選びましょう。

ポイント⑤

税金は毎年ルールが変わります。

毎月の料金で常に最新版を利用できる会計ソフトを選ぶ。

飲食店の会計ソフトに必要なポイントを満たしているのはfreeeです。

タミナト税理士タミナト税理士

freeeのコンセプトは「会計の知識がなくても、確定申告ができる」こと

あなたが初めて会計ソフトを選ぶならfreeeで間違いないです。

①freeeは専用スマホアプリで経理ができる

タミナト税理士タミナト税理士

freeeには専用アプリがあって、スマホで入力ができるんです。

例えば、freeeのアプリでレシートをすると、レシートの内容を読み取ってくれる機能があります。

実際にfreeeのレシート読み込みを動画にしてみました。

レシートの内容。

レシートの内容は2020年12月18日にダイソーで992円分の文房具を買いました。

支出金額:992円
勘定科目:消耗品費
日付:2020年12月18日

このレシート読み取り機能を使えば、レシートの枚数が多い飲食店の方でも1日に5分で経理が終わりますよ。

会計ソフトfreeeのスマホでレシート読み取り機能を使ってみた!

②freeeのターゲットは経理の知識がない人

タミナト税理士タミナト税理士

freeeは初心者の方をターゲットにしています。

なので、初心者の方でも入力しやすいように「簿記の考えをなくし」ています。

飲食店オーナー飲食店オーナー

「簿記の考えをなくす」ってどういうことですか?

タミナト税理士タミナト税理士

例えば、「貸方」「借方」っていう簿記の基礎の基礎の用語があるんです。

freeeなら、その「貸方」「借方」って簿記の専門用語を使わないで経理ができるんですよ。

飲食店オーナー飲食店オーナー

「貸方」「借方」って簿記の最初のページで出てきても正直チンプンカンプンでした…

飲食店税理士タミナト飲食店税理士タミナト

初心者が簿記でつまづくポイントですからね。

freeeなら簿記の知識がなくても経理ができるので、つまづく心配もありません。

③freeeはPOSレジと連携できる範囲が広い

freeeはPOSレジと相性がよくて、連携できるPOSレジが多いんです。

ちなみに、freeeと連携できるPOSレジは以下になります。(2021年5月時点)

freeeと連携できるPOSレジ。
  • Airレジ
  • ユビレジ
  • スマレジ
  • Square
  • SPIRE POS

ちなみに、実際に飲食店で使われているPOSレジはなんですか?といいますと、圧倒的にAirレジです。

Airレジのメリットの利用料金が0円ってのが、飲食店の方に好評なんだと思います。

【月額利用料0円】飲食店に向いているairレジのメリット・デメリット

freeeの確定申告は○×形式で答えるだけ

freeeなら確定申告が簡単にできます。

なぜなら、質問に〇×で答えていけば確定申告が終わるからです。

実際のfreeeの確定申告の画面になります。

質問も簡単な内容ですし、〇×を答えるだけなので簡単に入力できますよね。

確定申告の知識があまりない方でも使いやすいようにしてくれてるのがfreeeの特徴になります。

飲食店税理士が会計ソフトfreeeの確定申告機能をレビューしてみた!

⑤freeeは低コストで常に最新バージョンが使える

freeeの導入には初期費用がかからなくて、毎月の利用料だけですみます。

しかも、毎月の利用料を払っていれば、最新バージョンへのバージョンアップもしてくれるんです。

これが一回買い切りの会計ソフトだと、法律が変わるごとに会計ソフトの再購入が必要になります…

毎年法律の改正はあるので、常に最新バージョンを使えるfreeeみたいなソフトが安心なんですよね。

さらにfreeeは無料でお試しできるので、始めやすいってのも嬉しいポイントです。

>>会計freeeを無料で体験してみたい方はこちら

会計ソフトfreeeを導入するとどうなれる?

""

freeeなら簡単に青色申告できて、「節税」になる

タミナト税理士タミナト税理士

自分で確定申告をしたいってことはコスト面が気になるからですよね?

飲食店オーナー飲食店オーナー

一番はお金の面ですね、税理士さんに頼むと10万くらいかかるって聞きますし

タミナト税理士タミナト税理士

税理士も安くはないですからね。

コスト面を考えるなら、会計freeeを使えば青色申告が簡単にできます。

結果として、利用料を上回る節税を期待できますよ。

飲食店オーナー飲食店オーナー

青色申告ってややこしいイメージだったんですが、会計freeeだったら簡単なんですね。

タミナト税理士タミナト税理士

もともと初心者向けに作られているソフトなので、小さな飲食店が青色申告をしたいってときに活躍しますよ。

自動でのデータ取得で使えば使うほど、「時短」になる

タミナト税理士タミナト税理士

飲食店だと、時間がない中経理をしないといけないので、手間がかからないって点も大事ですよね。

飲食店オーナー飲食店オーナー

朝の仕込みから、夜の営業までほぼ休みなしですよね…

タミナト税理士タミナト税理士

大変ですよね。

だから、会計ソフトを選ぶときはできるだけ自動化されたソフトを選ぶのが大事なんです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

自動化してくれたら、時短になりそうですもんね。

時短になるのが会計freeeなんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

はい、会計freeeなら自動でデータ取得をしてくれて、自動で登録まで行ってくれる機能があります。

その自動化をうまく使うことで飲食店の経理の時間を削減してくれますよ。