【飲食店税理士が教える】飲食店でよく使う勘定科目の一覧
タミナト税理士タミナト税理士

「自分で経理をやっているとこの場合の勘定科目ってなんだろうって悩みませんか?
今回は飲食店でよく使う勘定科目をまとめて整理します。」

こんな疑問に答えます。
  • 勘定科目がどれかわからない。

  • 絶対にやってはいけないミスを知りたい。

科目 内容
売上 お客さんから料理の代金をもらった。
仕入 食材やドリンクを仕入れた。
地代家賃 店舗の家賃を支払った。
給与手当

従業員やアルバイトに給料を払った。

*個人事業主の自分に対する給料は経費になりません。
【数値例つき】飲食店個人事業主のための給料の決め方

*個人事業主で家族に対する給料は注意が必要です。
【青色事業専従者給与】メリット・手続き・金額の目安は?

水道光熱費 電気・ガス・水道代を支払った。
消耗品費

食器(お皿・割りばし)
10万円以内の調理家電
洗剤・トイレットペーパー
テーブル・椅子などの店舗用家具
電球・蛍光灯
持ち帰り用の袋
おしぼり

租税公課 印紙を買った。
通信費 切手・はがきを買った。
新聞図書費 雑誌・新聞を買った。
広告宣伝費 チラシ・グルメサイト掲載料を支払った。
旅費交通費 ガソリン代。

勘定科目はある程度あってれば大丈夫

自分で経理をしていると、例えば、おしぼり代は勘定科目のどれを使えばいいんだろうって悩みませんか?

実は勘定科目を決めた法律はありません

勘定科目の選択はある程度自分で決められます。

例えば、お店の食器用の洗剤は「消耗品費」でも「衛生費」でもどちらでもいいです。

ただし、勘定科目は自分で選べるといっても、やみくもに選んでるとお店の状況を知りたいなってなったときに不便です。

例えば、お店のFLコスト比率知りたいなってなっても、食材を消耗品費に入れてたりするとFLコストを正確に計算できません。
関連記事【飲食店の指標】知っておきたいFLコストとは

なので、お店の経営管理のために一度決めた勘定科目は継続して使うようにしましょう。

勘定科目の選択で、経費じゃない領収書を、経費にしてはいけない

さっき、勘定科目の選択は「ある程度」は自分で決められます。とお伝えしました。

実は、勘定科目を選ぶうえで絶対にやってはいけないことがあります。

それは、お店の経費じゃないのに、お店の経費になる勘定科目を選んでしまうことです。

例えば、飲食店だとスーパーで食材を買うことってよくありますよね。

この食材の購入ですが、

具体例
  • お店で使う→経費になる 勘定科目は「仕入」
  • 自宅で使う→経費にならない 勘定科目は「事業主借」

なるほど。経費にするかしないかを間違えちゃいけないんだな…

じゃあ、そもそも経費になるかならないかってどこで判断するの?って思いますよね。

経費になるかならないかはグレーゾーン

税理士をやっていて必ず聞かれる質問が「この領収書は経費になりますか?」

という質問です。

正直に経費になるかどうかは税務調査した担当者によっても変わってきますし、法律で決まってはいないんです。

ですが、ちゃんと経費になるかどうかの判断基準はあります。

それは、「お店の運営に必要か」と観点です。

以前、飲食店は接客業だから身だしなみを良くするために美容室代を経費にしたいと相談されました。

もし、相談してきた方が芸能人やモデルさんだったら、人が商品ですしお仕事に関係するので、経費にするのもありかなとは思いました。

しかし、飲食店であれば美容室に行くことが「お店の運営に必要か」と言われると…必要ではないですよね。

他にも、近くの新しく出店した店舗を調査するためにご飯を食べてきた場合ですが、

調査するために他店でご飯を食べてきたとき。

調査したレポートをちゃんと残している→経費に認めてくれる可能性高い

レポートも何も残していない→ただのプライベートの食事と判断されて経費になる可能性低い

と私は考えています。

よく聞く減価償却って?

減価償却って聞いたことありませんか?

減価償却って会計でのお話なので、とても理解するのが大変なんですよね。

減価償却の「減価」とは価値が減ったことを説明しているんです。

新品で100万円の厨房機器も使ってるとサビもつきますし、だんだん調子が悪くなります。

だから中古で売ろうと思っても高く売れなくなりますよね?

減価償却はひとまず、価値が減ったことを表現するために使っていると覚えておいてください。
関連記事【なんで必要なの?】飲食店での減価償却費と耐用年数一覧

 勘定科目とかやっぱり経理って面倒だなぁ…

やっぱり経理ってルール覚えないといけないですし、正直めんどくさいですよね…

ですが、今の会計ソフトだとスマホで領収書を読み取ると、どの勘定科目を使いますかって提案もしてくれたりします

飲食店なら経理に詳しくなくても簡単に使える会計ソフトfreeeがおすすめですよ。
【飲食店税理士監修】飲食店におすすめの会計ソフトfreeeとは?