【飲食店税理士が解説】新メニュー・試作品の勘定科目
こんな疑問に答えます。
  • 新メニューや試作品を作ったときの勘定科目を知りたい
飲食店税理士タミナト飲食店税理士タミナト

新しいメニューや試作品を開発したときの勘定科目ってなかなか聞かないですよね。

オープンの前の試作なら→開業費

オープンした後の試作なら→研究開発費になりますよ。

記事の内容。
  • 開業前の試作なら→「開業費」
  • 開業後の試作なら→「研究開発費」
  • 仕入高でも税金計算上問題ないが、仕入高に含めると原価率が適切に把握できない。

開業前後で違う!試作をしたときの勘定科目!

新メニューの開発って売上アップのために大事です。

新メニューの開発の時に仕入れた材料の勘定科目は「仕入高」ではありません。

開業前なら「開業費

開業した後の試作なら「研究開発費」を使うのがおすすめです。

試作をしたときの勘定科目。
  • 開業の前の試作なら→開業費
  • 開業した後の試作なら→研究開発費

開業前の試作品なら「開業費」

開業前の試作は「開業費」という勘定科目を使います。

「開業費」という勘定科目は、開業前までに使った経費をまとめる科目です。

特徴としては、「費」という言葉をつかっていますが、経費ではないんです。

開業費は経費ではなく、会計上は「資産」というものに分類され経費にできる時を選べるもので、節税効果の高いものです。

会計用語を覚えるのは必要はないので、

「経費にできる時を選べる→節税効果がある貯金みたいなもの→だから資産なんだ!」くらいの理解で大丈夫ですよ。

「開業費」に分類された試作の材料代は、飲食店の利益が出たときに貯金を取り崩す感覚で、「資産」→「経費」にしていきます。

開業後の試作なら「研究開発費」

開業した後の試作なら「研究開発費」になります。

新メニューやの試作品の開発に使ったから、「研究開発費」なんだってわかりやすいですね。

「仕入高」を使うのはオススメしないのは原価率の管理ができないから。

飲食店オーナー飲食店オーナー

いつも使っている「仕入高」を使っちゃだめなのですか?

タミナト税理士タミナト税理士

「仕入高」を使っても経費にはなるので、税金計算上間違いはおきません。

しかし、原価率の管理するうえで問題があります。

原価率って飲食店だと大事な経営指標ですよね。

もし試作のための材料代が「仕入高」に入っていると、売上と関係ない試作費が原価率に混ざってしまうので、原価率の比較ができなくなってしまうでのです。

だからこそ、試作のための材料代は「研究開発費」に含める必要があるんです。

まとめ

試作のときの勘定科目の話をしてきました。

タミナト税理士タミナト税理士

こちらで飲食店の勘定科目をまとめてますので確認してください。