飲食店での軽減税率のときの領収書の書き方

飲食店オーナー飲食店オーナー

軽減税率が導入されると領収書の書き方もかわりますか?


タミナト税理士タミナト税理士

領収書の書き方変わりますよ。

8%と10%で区分して記載する必要があったり、今回は注意点を見ていきますね。

こんな疑問に答えます。
  • 軽減税率の場合の領収書の書き方を知りたい
  • 手書きのときの軽減税率の領収書の書き方を知りたい
記事の内容はこちら。

軽減税率後の領収書の書き方は、「8%」と[10%]を区分して記載する

こんな場合はどうする?
ケース①領収書の全品が標準税率(10%)対象の場合
ケース②領収書の全品が軽減税率(8%)対象の場合
ケース③軽減税率(8%)と標準税率(10%)が混じっている場合
 ・1枚の領収書に、「8%」と[10%]の両方を記載する方法
・別々の領収書を作成して、渡す方法

軽減税率が導入されてから、飲食店の領収書の書き方が変わります。

タミナト税理士タミナト税理士

軽減税率が導入されると、手書きで領収書を書いている飲食店は、領収書の書き方も気を付けないといけません。

飲食店オーナー飲食店オーナー

うちは手書きで領収書書いてます。

どう気をつける必要があるんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

軽減税率(8%)と標準税率(10%)を区分して記載しないといけないんです。

特に手書きの場合は、お客様を待たせているので、焦って間違いが起こりがちです。

手書きでの領収書の書き方!

タミナト税理士タミナト税理士

基本的な領収書の書き方は、以下のリンクで確認してください。

今回は、軽減税率税率のケースを中心に詳しく見ていきますね。

>>【疑問を解説】飲食店の領収書の書き方と印紙

タミナト税理士タミナト税理士

領収書の書き方で気を付けるポイントは、以下の点です。

軽減税率での領収書のポイント。

標準税率(10%)は、「但し書き不要」

軽減税率(8)は、軽減税率ということを明確にする必要あり

ケース①領収書の全品が標準税率(10%)対象の場合

飲食店オーナー飲食店オーナー

ケース①は、お客様の注文が店内飲食の場合だけのパターンですね。

タミナト税理士タミナト税理士

はい、店内飲食なので、標準税率(10%)だけのパターンです。

店内飲食だけのパターンは、実は特別に注意することはありません。

飲食店オーナー飲食店オーナー

何も気にしなくていいんですか?

タミナト税理士タミナト税理士

はい、軽減税率の場合にだけ、軽減税率(8%)ってわかるようにする必要があるんです。

反対に標準税率(10%)だけの場合は但し書きに付け加えたりする必要がないんです。

ケース②領収書の全品が軽減税率(8%)対象の場合

飲食店オーナー飲食店オーナー

ケース②は、テイクアウトだけの注文で、店内飲食をしていないお客様のケースですね。

タミナト税理士タミナト税理士

はい、全部が軽減税率(8%)の取引となります。

全部が軽減税率(8%)の場合は、但し書きに「全ての商品が軽減税率の対象」と記入する必要があります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

ケース①と反対なんですね

タミナト税理士タミナト税理士

軽減税率対象の取引の場合は、軽減税率ってことを明確にしないといけないですからね。

ケース③軽減税率(8%)と標準税率(10%)が混じっている場合

対応①1枚の領収書に、軽減税率(8%)と標準税率(10%)を区別して記載

タミナト税理士タミナト税理士

対応の一つ目は、1枚の領収書に軽減税率(8%)と標準税率(10%)を区別して記載する方法です。

1枚の領収書に書く場合の記載例。

例)標準税率の取引金額5000円、軽減税率の取引金額3,000

取引金額の内訳
税抜金額:5,000
消費税額等:500
税抜金額:3,000
消費税額(8%)等:240

飲食店オーナー飲食店オーナー

書く項目が多くて大変そうですね。

フォーマットを準備していないと書き忘れそうですし・・・

タミナト税理士タミナト税理士

領収書がごちゃごちゃしちゃうかもしれませんね。

そういう場合は、対応②の税率ごとに別々に領収書を発行する方法もありますよ。

対応②別々の領収書を作成して、渡す方法

飲食店オーナー飲食店オーナー

別々の領収書を作成する方法でも大丈夫なんですね!

タミナト税理士タミナト税理士

はい、別々に領収書を作成すれば、税率の書き方で間違いは少なくなりますね。

手書きの領収書がめんどうだと感じたら、POSレジを導入すればいい!

飲食店オーナー飲食店オーナー

けど、よくよく考えたら、領収書を2枚書くのももっとめんどうです笑

タミナト税理士タミナト税理士

お客様の名前を2回書くってめんどくさいですよね。

そしたら、POSレジを導入して、手書きの領収書をやめてみるのはどうですか?

飲食店オーナー飲食店オーナー

POSレジって、iPadを使って会計するやつですっけ?

タミナト税理士タミナト税理士

そうですね。

Airレジなどが代表例ですね。

Airレジは、無料で使えるのでコストが気になる飲食店の方に向いてますよ。