ゆうパックの勘定科目

ゆうパックって商品を発送したり、書類を送ったりする時によく使いますよね。

今回はそんなゆうパックの勘定科目の話しです。

ゆうパックの勘定科目。
  • 商品を発送するとき→「荷造運賃」
  • 書類を発送するとき→「通信費」

必ず上記の通り正確に分ける必要はありません。
一度決めた勘定科目を続けて使うことが大事です。

ゆうパックの勘定科目は「荷造運賃」か「通信費」

ゆうパックの代金は「荷造運賃」か「通信費」を使えば問題ありません。

よくある使い分けは、商品を発送する時は「荷造運賃」、書類を送付する時は「通信費」という使い分けです。

よくある使い分け。
  • 商品を発送→「荷造運賃」
  • 書類を発送→「通信費」

そもそも勘定科目はある程度あってれば大丈夫!

自分で経理をしていると、勘定科目のどれを使えばいいんだろうって悩みませんか?

もし間違ったら、脱税とか言われないかヒヤヒヤしてしませんか?

けど、実は勘定科目を決めた法律なんてないんです。

勘定科目の選択はある程度自分で決められるんですよ。

例えば、office365の勘定科目は「支払手数料」でも「消耗品費」でもどちらでもいいです。

office365を購入した時の勘定科目

ただし、勘定科目は自分で選べるといっても、やみくもに選んでると会社の状況を知りたいなってなったときに不便です。

その時の気分で変えてたら、後から見返した時にわからないですね。

勘定科目を選ぶときは、経費じゃない領収書を経費にしないように気を付ける!

さきほど、勘定科目の選択は「ある程度」は自分で決められます。とお伝えしました。

実は勘定科目を選ぶうえで絶対にやってはいけないのは、会社の経費じゃないのに、会社の経費になる勘定科目を選んでしまうことです。

じゃあ、そもそも経費になるかならないかってどこで判断するの?って思いますよね。

経費になるかならないかはグレーゾーン

税理士をやっていて必ず聞かれる質問が「この領収書は経費になりますか?」という質問です。

正直経費になるかどうかは税務調査した担当者によっても変わってきますし、法律で決まってはいないんです。

そんなあいまいものなんですが、ちゃんと経費になるかどうかの判断基準はあります。

それは、「会社の運営に必要か」と「常識的な支出か」という観点です。

経費になるかどうかの判断。
  • 会社の運営に必要か
  • 常識的な支出か

今回のグループウェアもプライベートのために使っているなら、「会社の運営に必要ではない」ので経費になりません。

会社の運営に必要か」と「常識的な支出か」という観点から、事業の経費にしていいかを判断するクセをつけてください。